• HOME
  • 石川商工グループ SDGs持続可能な開発目標
Ishikawa Shoko enterprises Group

石川商工グループ SDGs持続可能な開発目標

SDGs宣言
自然環境と生活環境の調和による
持続可能なまちと暮らし
~地球視点で地域を守る~

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された、
2030年までに地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能で
よりよい世界を目指す国際目標(17のゴール)です。

石川商工㈱は自然と文化の豊かな伊勢の地から地域総合商社として、
地域の安らぎのある生活環境作りに取り組んでおります
そして石川商工グループ / Ishikawa Shoko enterprises Group(ISeG)として
グループの総合力をさらに活かし、SDGsのいくつものGOALsに向け
持続可能なまちと暮らしの実現のために励んでまいります。

石川商工グループの
SDGs目標

健康

3 すべての人に健康と福祉を
地域NO1健康促進企業へ

健康優良法人へ
(労働衛生環境 スポーツ・食 教育
・コミュニケーション)

働き甲斐

8 働きがいも経済成長も
次世代からベテラン世代まで皆がやりがい溢れる企業へ

若手から高齢者までの働き方改革

まち

11 住み続けられるまちづくりを
顧客ニーズに応え地域を守る

安心・安全・健康・環境を
テーマとしたグループ各事業を
通じたまちと暮らしのサポート

消費生産

12 つくる責任つかう責任
自然豊かな地域を守る

・環境配慮型製品普及
  リサイクル製品、省エネ・環境設備等
・ペーパレス化・廃プラ減・省エネ
  <Reduce>
・建物・住設のリフォーム・メンテナンス
  <Reuse>
・不要品リサイクル処分推進
  <Recycle>

気候変動

13 気候変動に具体的な対策を
災害から地域を守る

気候変動による災害に対し
グループ各事業を通じたリスク対策
(台風・火災・猛暑・水害・海難…)

連携

17 パートナーシップで目標を達成しよう
石川商工グループの総合力

全国と地域をつなぐ
地域総合商社のネットワーク
グループ各事業の協力体制によるシナジー

SDGs目標に対する
具体的な取り組み(事例)

健康

3 すべての人に健康と福祉を
地域NO1健康促進企業へ

「スポーツクラブの利用促進」
健康経営と福利厚生の一環で石川商工グループの社員向けに
ジムを利用できるようにしています

スポーツクラブ アクトスミタス伊勢
メッツジム

消費生産

12 つくる責任つかう責任
自然豊かな地域を守る

「オリジナルエコバックの配布」
当社オリジナルエコバックを石川商工グループの社員に配布し
コンビニ利用等で発生するビニール袋の削減に努めています

「リユース・リサイクル事業の促進」
持続可能な暮らしのサポートの一環で“ReLIFE”という事業を展開
リフォーム&メンテナンスで建物・住設の再利用を促進
また不要品についても適切なリサイクル処分に努めています

ReLIFE

気候変動

13 気候変動に具体的な対策を
災害から地域を守る

「グループ各事業の防災サービスの連携&発信」
防災に関する石川商工グループの取り組みをWEBや紙媒体を通じて
共同発信しています

防災関連コーナー

連携

17 パートナーシップで目標を達成しよう
石川商工グループの総合力

「石川商工グループ/ISeGとしての連携&発信」
合同会議等による情報共有とグループとしてのブランド力強化に努めています

ページトップへ戻る